主宰の大貫隼により、2010年、前身のエレGY projectを設立。以降、大貫が全ての脚本と演出を手がける。第一回企画公演「エレGY」を経て、第二回公演「ドグラ・マグラ」から劇団霞座に改称。
ジャンルを問わず、様々な世界観を旅するカンパニー。「真っ白な状態から溢れ出す激情を真摯に見つめ表現の在り方を追求する」理念の下、役者と物語の溶け合う絶妙な質感を最大限に活かす独創的な表現を模索する。
<< ni(江口) main つきぬけて(みどり) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
踏む (一橋)
フリージアの不可知論、三日目が終了いたしました。

夜分遅く、一橋です。


沢山のお客様にご来場いただいておりまして、感謝では言い尽くせない思いです。

ひっそりと、と自分では感じているのですが、実はロングラン公演でして、11日の休演日を除いて16日まで毎日上演しております。

それを聞きつけてくださってか、ご予約数が続々と増えてまいりまして、これも誠に嬉しい限りでございます。


Twitterをもしやっておられる方がいらっしゃいましたら、「霞座」で検索していただければ、何かご興味を持っていただけるきっかけになるかもしれません。


あと一週間、段を踏み、登りつめた先に見えるものはなんでしょう。

その姿を見て、皆様は何を思うでしょうか。

まざまざと在る事象を、網膜から一直線、体を突き抜けるまで体感してください。


一同、心よりお待ちしております。


ではではかしこ。


- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://elegy-project.jugem.jp/trackback/175
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Twitter
「フリージアの不可知論」タイムテーブル
Mobile
qrcode
Sponsored Links