主宰の大貫隼により、2010年、前身のエレGY projectを設立。以降、大貫が全ての脚本と演出を手がける。第一回企画公演「エレGY」を経て、第二回公演「ドグラ・マグラ」から劇団霞座に改称。
ジャンルを問わず、様々な世界観を旅するカンパニー。「真っ白な状態から溢れ出す激情を真摯に見つめ表現の在り方を追求する」理念の下、役者と物語の溶け合う絶妙な質感を最大限に活かす独創的な表現を模索する。
<< 今日は二人で書きます(みどり) main ni(江口) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
無事幕が開きました!
皆様おはようございます、大貫です。

昨日無事、劇団霞座序詞企画#1「フリージアの不可知論」は開幕致しました。


昨日、雪が降りましたね。東京では一瞬吹雪かと思うような粉雪が10分ほど舞いました。

霞座は何かと雨に縁のある(というか気付いたら大体何かある日は雨降ってる)団体でして、これまでも千秋楽は必ず雨であったり、顔合わせの日が雨であったりしてきました。

そんなこんなで、昨日の雪にはとても励まされました。
初日をこうして迎えられるのも、何かたくさんの事柄に感謝すべきなのだなと改めて実感してます。

霞座として歩み初めてから今年で約2年。
今までの公演全てに通ずるところのあるプロローグとなりました。

皆様をしっかりと、今までの公演の景色まで、お連れしたいと思います。
その先に広がる風景は各々ですが、最初の一歩は、お手を取って。よろしければ下北沢にてお会いしましょう。

 


- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://elegy-project.jugem.jp/trackback/173
trackback
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Twitter
「フリージアの不可知論」タイムテーブル
Mobile
qrcode
Sponsored Links