主宰の大貫隼により、2010年、前身のエレGY projectを設立。以降、大貫が全ての脚本と演出を手がける。第一回企画公演「エレGY」を経て、第二回公演「ドグラ・マグラ」から劇団霞座に改称。
ジャンルを問わず、様々な世界観を旅するカンパニー。「真っ白な状態から溢れ出す激情を真摯に見つめ表現の在り方を追求する」理念の下、役者と物語の溶け合う絶妙な質感を最大限に活かす独創的な表現を模索する。
<< 浸透、震盪 (一橋) main 今日は二人で書きます (一橋) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
都庁とフリージア(永田)
こんばんは、制作の永田です。

久々のブログ、何を書こうか考えて、
屋上から見た都庁が縮んでた、という話を書こうかと思ったのですが、
公演も近いことですしせっかくなのでフリージアについて書こうと思います。



【フリージア】

アヤメ科の球根植物です。
フリージア属レフラクタ種。
レフラクタというのは「反り返った」という意味だそうです。

丈は大体20〜60cm。

南アフリカが原産で、咲くのはちょうど今頃、2〜4月です。

花の色は、白、黄、ピンク、紫、赤、褐色など。
花屋さんで見かけるのは圧倒的に黄色が多いです。

匂いは、ヒヤシンスや水仙をもっと控え目にした感じで、初春らしい冷たい匂いの中に甘さがあります。

日本ではアサギズイセン、香雪蘭と呼ばれてきました。

花言葉は「無邪気」「慈愛」「純潔」「あこがれ」など。
花の色によってもまた変わります。



こんなフリージアの名を冠して、霞座の新しい門出がもう間も無く始まります。
ご覧いただければ、こんなに嬉しいことはありません。






最後に、やっぱり気になるので都庁の写真を貼っておきます。



- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://elegy-project.jugem.jp/trackback/170
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Twitter
「フリージアの不可知論」タイムテーブル
Mobile
qrcode
Sponsored Links