主宰の大貫隼により、2010年、前身のエレGY projectを設立。以降、大貫が全ての脚本と演出を手がける。第一回企画公演「エレGY」を経て、第二回公演「ドグラ・マグラ」から劇団霞座に改称。
ジャンルを問わず、様々な世界観を旅するカンパニー。「真っ白な状態から溢れ出す激情を真摯に見つめ表現の在り方を追求する」理念の下、役者と物語の溶け合う絶妙な質感を最大限に活かす独創的な表現を模索する。
<< にっき(みどり) main 都庁とフリージア(永田) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
浸透、震盪 (一橋)
こんばんは、一橋です。


先日、京都での撮影から帰って来て、東京の駅に降り立った時の、あの何とも言えぬ寒さよ、日の当たらぬところはここまで寒いのか、と。


今日も昼過ぎまでぐずついて、やっと晴れたと思ったら夕方。

一回目の、初めての通しを終えた後でした。

ぐわんぐわんと揺さぶられて、そのままみんなで屋上に行きました。



実に久しぶりの屋上、ここも霞座には馴染み深いところなのです。

エレGYの時、一ヶ月間、毎日ここで稽古をしていました。

それこそ、お鼻のてっぺんが灼けるぐらいに。


今回は思い出の地を回っております。

3年前の始まりの時も、今週から始まる新たな門出も、始まりはいつでも同じ。

鬱屈とした空間では得られないものを、得られた気がします。


そのことも、あのことも。


今週末、3/7から、霞座が始まります。

刮目して、皮膚の穴という穴から、全てを感じとってください。

そして、もしその気持ちを我々にお伝えしてくださいましたら、ゆっくりとゆっくりと眠りにつけます。


ご来場、心よりお待ち申し上げております。


ではではかしこ。


- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://elegy-project.jugem.jp/trackback/169
trackback
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Twitter
「フリージアの不可知論」タイムテーブル
Mobile
qrcode
Sponsored Links