主宰の大貫隼により、2010年、前身のエレGY projectを設立。以降、大貫が全ての脚本と演出を手がける。第一回企画公演「エレGY」を経て、第二回公演「ドグラ・マグラ」から劇団霞座に改称。
ジャンルを問わず、様々な世界観を旅するカンパニー。「真っ白な状態から溢れ出す激情を真摯に見つめ表現の在り方を追求する」理念の下、役者と物語の溶け合う絶妙な質感を最大限に活かす独創的な表現を模索する。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
前夜祭はとりこぼさない(丸山)

おはようございます、丸山です。


すっかり日付またいでしまいましたが

昨日(7/30)は2つのイベントがありまして

どうしてもお伝えしておきたかったので



お伝えします。



上手におはなしできるかなあ・・・

記事のタイトルにもにじみ出ていますが、
Tricoboさんの稽古場レポートと、SAF前夜祭について。





まずはTricoboさんの稽古場にお邪魔したところから!


なぜ稽古場見学か、と言いますと

今回の学生芸術祭では「どうやってお芝居つくってんじゃい」という疑問を解消、共有、解決すべく、団体同士で稽古場を開放しているのです。

ごめんね霞座は開放してないんだけども…


その恩恵に預かるのと、Tricoboさん本番が観に行けないのと、いろいろあって稽古場見学させていただいた、ということ。



Tricoboさんについては
こっち見てから
こっち見ると楽しいです

特にメンバーページのポップさは大好きです。むふふ。



そんなこんなで献上品のヤクルトを携えて、恐る恐る早稲田の敷地に足を踏み入れたら…



飲んでくれた!いい人だった!

しかもカメラを向けると、パッときめてくれる役者さんたち。すてきです。



実は、主宰の絶食三平さんは高校の演劇部で唯一の同期でして

当時から彼のつくる芝居が面白いのは知っていたけど、
早稲田の劇研に入っちゃって、そりゃもう泣かされているんじゃないかと

親心子知らず、旗揚げから何から観に行ってるんですね、これが。
(向こうがご飯をおごりたくなるよう、この場をお借りして申し上げます)




だから私は単純にTricoboさんの隠れファン


そんな女が稽古場に出現したわけです

・・・大興奮です。



残念ながら31日の今日から小屋入りということで
アトリエの舞台はバラして搬出、昨日は別の小さい部屋での稽古でした。

それでも、ですよ

お芝居をつくる人ってすごい、何もないところから信じ込ませてくれます。


特に絶食さんの本が上手いなと思うのは、人間の機微というか、心の揺れというか、大きな物語の中で奔走する人物たちが、一筋縄ではいかない葛藤を抱えているところ。

それを役者さんたちが、一文節、一句ずつ、すくいとって
これはどうか、あれはどうかとパターンを提示。

さらに絶食さんが修正。稽古もそんな流れでした。



小屋入り前日の稽古だけあって、ものすっっっっごく細かい返し稽古。
どれぐらい細かいかと言うと、去り方ひとつに、何回も返すぐらい。すごい。

アトリエで通し稽古をした映像を見たり、役者同士で意見を述べ合ったり
ただただ真摯に実直にお芝居をつくっていました。



肝心の内容はと言うと・・・!



もちろんそれは見てのお楽しみ。


でもこれだけは言えます、面白いです。


稽古見て「あーこういう気持ちでね、ふーむ」とか研究していましたけど
気付いたら前のめりだったもん!そんなの関係ねえ!

毒もほんのり、サービスたっぷり、計算され尽くした舞台は気持ちいい。

効果のほとんどない稽古場でそうなんだから、劇場に入ったらどうなるんしょ!
私の代わりに目撃してきてください!


Tricobo #2『超人テレ娘!』
8月2日(金)〜4日(日)
シアターグリーンBASE THEATER
タイムスケジュールはこちら


学生芸術祭のトップバッターよろしくお願いします!
短編Aをはさんだのち、霞座も続きます!ごろごろごろ!







さてお時間も迫ってまいりましたので、前夜祭については駆け足で。



さあ問題です。霞座の人を探せ。

>0人  まだまだです。ここから写真を見て覚えましょう。
>〜2人 なかなかです。もう少し覚えてもいいかもしれません。
>〜4人 すばらしいです。仕上げにかかりましょう。
>〜6人 おめでとう。さあ予約は済みましたか?

個人的には躍動感のある今村さん(学生芸術祭の主催者さま)がツボです。




相変わらず山光さんは音楽を奏でていたり



大貫は両手に花を添えていました。

左がレティクル東京座の飯塚ユウコさん、右が第27班の深谷晃成さん。

前夜祭はこうして他団体さんと飲み食いしたり、お話したり、食べたりする会で、個性的な方ばかりで楽しかったです。感想文みたい。





ふへ、いっぱいお伝えしましたが、霞座の稽古はまだまだ続きます!

昨日のイベントを終えて、私のモチベーションだだ上がりです!
劇場に来なきゃ何も始まらない!学生芸術祭をどうかよろしくお願いします!


おしまい!稽古いてくる!












その他 comments(0) trackbacks(0)
狡いルビ
 お久しぶりです。

長らくブログの更新から離れておりました一橋です。


はてさて、今年に入りまして3月、4月と
立て続けに2本あった公演が終了しました。

僕の中での日常生活はまだ新年で止まっています。。
それぐらいに今まで猛ダッシュで進んできました。


2/28〜3/5はあんかけフラミンゴ。

フライヤー画像は自主規制。


新年一発目の稽古はここから始まりました。

自主規制したフライヤー画像のインパクト、
並びに成長目覚しい劇団さん、
題材の衝撃度合い(インパクト?)で、
CoRich舞台美術のサイトにおいて
観たい!のコメント数が102と歴代一位になった公演です。


気がおかしくなってしまいそうな程の人間関係を
気がおかしくなってしまいそうになりながら。

自身、6日間9stというロングランは初めてでして、
非常に非常に勉強をさせていただきました。


3/5の千秋楽が終演し、翌日からはたすいちの稽古。

4/1〜4/7、2バージョン公演の海の底編に出演しました。


両編合わせると、7日間12stとこれまた経験したことがない
ロングランの公演でございました。

シアター風姿花伝の10周年プロジェクト、
ロングランサポートの先駆け第一段の公演です。


たすいちさんは計4回目の出演で、
今回は初めて主演を務めさせていただきました。

劇団の今後を担う企画の作品において主演を務めさせていただける
嬉しさ反面、その重圧も噛み締めながら舞台に登りました。



両作品において、自分にお声をかけていただけるありがたさ、
そしてそれに応える自身の演技力の足りなさを痛感しました。

そこに慢心と小心が混在していたのは事実で。

それを共に混在ではなく、自分の中で調和できた時こそ
また新しい自分が見えてくるのではないかと。



ぐだぐだ言っておりますが、最大限の努力をいつやんのか!
って話でございます!(今でしょ)


夏に向けまして、劇団霞座も着々と動き出しております。
あの忘れられない夏がまた巡って来るようです。


その前に、一橋3ヶ月連続公演のフィナーレが!


駄目なダーウィン舎 第一回公演 「いのちだいじに」
5/9〜5/12 @アートスタジオ(明治大学猿楽町第二校舎1F)



霞座に度々出演、協力をしてくださっている
山岡、山光両氏による新生劇団にお呼ばれしました!


最高のエンターテインメントが完成することでしょう。

是非にもお見逃し無きよう!


では、またの更新をお待ちください!


その他 comments(0) trackbacks(0)
年末のアイドル(丸山)
いよいよ今年も、あと3日となりました。

大掃除に忘年会に卒論に忙しい時期ですよね。

そんな中でも劇場は盛り上がっているようで、帰省せず実家でゴロゴロしている私にはありがたいもの。



この間の23日も、じゅっぴーこと、一橋の舞台に遊びに行きました。


小劇場アイドルユニット38mmなぐりーず
      1周年記念ライブ!
「だから、1周年なんだってばぁぁぁぁ!!!!汗」

いま話題(?)のライブにゲストトレーナーとして出演。
じゅっぴーは3×6たたきーず 青(リーダー)を担当しました!

・・・・3×6たたきーず
38mmなぐりーずに対抗するべく生まれた小劇場の若手俳優で結成されたアイドルユニット。






38mmなぐりーずの十八番『KANGEKI☆おじさん』のソロパートを歌っています。
さすがアイドルですね、キラキラお星さまが見えてくるようです。



こちらは1曲披露した後に、38mmのメンバーから高得点の評価をもらって、思わずガッツポーズ。
さすがアイドル、リアクションの大きさでトークを盛り上げているのですね。

じゅっぴーから昭和アイドルの匂いがするのは気のせいです。


この日は王子小劇場もいっぱいで、オールスタンディングの中、にぎやかなライブでした。
大貫も「たまにはライブもいいよね」なんて言ったり。


練習風景がYouTubeにもあがっているそうなので、気になる方はチェック!
深夜に寒そうに眠そうにしている、3×6たたきーずが見れますよ笑

38mmなぐりーずオフィシャルwebサイト
http://38mm.jp/




もうひとつ!

今月15・16日は、わたくし丸山も浜川崎にあるカフェで二人芝居がありました。






(写真提供 林亮太)


お相手は、去年F/Tで共にエキストラ出演した友達。帽子をかぶっている彼女です。

育児にがんばるママのためのお芝居ということで、『クリスマスキャロル』をえいやっと40分ぐらいに仕上げました。
またこの公演の仕掛け人でもある、劇団ソラソバティの主宰Ashさんに、くるくる場面を変えていく演出をしていただいたり・・・なんとも面白い組み合わせで、演劇は出会いなり、とはよく言ったもんです。







さてさて一橋・丸山の公演にいらっしゃったラッキーな方は、この年末限定チラシを手にされたかと思います!


twitpicで、もうちょいキレイな画像が見れます!
http://twitpic.com/bq6xcm


霞座には欠かせない、爽々さんの美しいイラスト。

主宰の大貫による、ささやくような言葉。

そして一橋の次回出演情報が掲載されている、霞座の案内チラシになっております。


2公演だけではもったいない!ということで、ブログにあげちゃいました。
いい子は転写しちゃ、いやよ。





霞座の次回公演についても、現在打ち合わせ中です〜

決まり次第、情報開示していきますので、twitter(@kasumi_za)やブログをちらちら確認していただきますよう!


来年もたくさんの出会いがあると思うと、わくわくが止まりません!ぐへへ!
2013年、もっともっと面白い霞座になることでしょう!

ではみなさま、どうぞよいお年を!



その他 comments(0) trackbacks(0)
1/1PAGES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Twitter
「フリージアの不可知論」タイムテーブル
Mobile
qrcode
Sponsored Links