主宰の大貫隼により、2010年、前身のエレGY projectを設立。以降、大貫が全ての脚本と演出を手がける。第一回企画公演「エレGY」を経て、第二回公演「ドグラ・マグラ」から劇団霞座に改称。
ジャンルを問わず、様々な世界観を旅するカンパニー。「真っ白な状態から溢れ出す激情を真摯に見つめ表現の在り方を追求する」理念の下、役者と物語の溶け合う絶妙な質感を最大限に活かす独創的な表現を模索する。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
揺蕩う (一橋)
日付変わって、劇団霞座 序詞企画#1「フリージアの不可知論」本日千秋楽を迎えることが出来ました。

一橋です。


なんともまぁ怒濤の、一方で揺蕩っていた9日間だったことでしょうか。

初日である3/7がもうこんなにも昔であるはずなのに、想像の何倍も長く、そしてその何倍も短かった、そんな9日間でした。


もう自分でも何が何だか分からなくなる程途方もない時間と空間の鬩ぎ合いの中で、気が遠くなる程多くの物事について思って考えて発して。


ご来場くださった皆様には、どんな景色が見えたのか、今見えているのか。
そして、本日ご来場いただける皆様には、どんな景色が見えるのか。


それが僕には、やはり、全くもって分かりませんでした。

でも、僕の中の世界というか景色ははっきりくっきり存在してて、揺蕩いながら幾たびも色形を変えて立ちはだかりました。

壁が見えるか、僕の中の戦争が。


感じていただけたら、僕らは、安心して眠りにつけます。

安らかに、また芽吹くのを待てます。


どうかその、目を閉じてまた開くまでの長い一瞬を、見届けに。


下北沢、半地下の喫茶店にて、今を纏ったあなたへのほんのご報告とほんの少しばかりのプロローグを。



ではかしこ。


稽古日記 comments(0) trackbacks(0)
春と煙(江口)

こんばんは、演出助手の江口です。


昨日、7ステ目が終わりました。
「フリージアの不可知論」上演開始からついに一週間経ちました。
長かったような、短かったような。

残すは3ステージ。
今日は公演期間初めての二回公演の日です。
マチネは13時から、ソワレは19時から開演です。
開場は開演15分前となっております。
ソワレはありがたいことにほぼ満席となっておりますが、
マチネは当日券出せますので、お時間ありましたら是非お越しください!




一瞬一瞬を大事にして生きていけたら最高ですね。




屋上での写真です。
最近は夕方頃まで春っぽさが残ってくれて嬉しいです。


ではではおやすみなさい。




- comments(0) trackbacks(0)
フリージア(永田)
あと数時間で上演が始まりますが、昨日更新できなかったので変なタイミングですが更新します。



まず先日私が書いたブログの補足を。

フリージアについて、
「フリージア属レフラクタ種」
と書きましたが、実はもう一種、
「アームストロンギー種」
という種があります。
名前は、この種を南アフリカからイギリスへ送った人の名前に由来するようです。

今一般的なのはレフラクタ種の方ですが、アームストロンギー種は赤、ライラックなどの色を持つ園芸品種の誕生に大きな役割を果たしたそうです。


フリージアは日本では八丈島が有名な産地で、
そろそろフリージアまつりが開催されます。
http://hachijo.gr.jp/html/event_page/2014furi/index.html




今日はあいにくの雨になってしまいましたが、今日も変わらず20:00より、下北沢の喫茶店ぶーふーうーにて上演致します。

あいにくの雨、と言いつつ実は雨であることに少しわくわくしています。
雨の中で、この舞台はどんな風に見えるのか、楽しみなのです。


長いように思えた公演期間も折り返しました。
お時間ございましたら、是非お越しください。ご覧になってください。


心より、お待ちしております。



写真は、撮りたてほやほやの一橋さんとみどりさんです。



- comments(0) trackbacks(0)
1/55PAGES >>
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Twitter
「フリージアの不可知論」タイムテーブル
Mobile
qrcode
Sponsored Links